エム・エル・ピー株式会社 Mitsubishi Lithographic Press Co., Ltd (MLP)

  • トピックス一覧へ戻る
  • トップページへ戻る

DIAMOND 308TP 内覧会(MLPダイヤ会主催)を開催しました

皆様こんにちは。エム・エル・ピー株式会社の清でございます。 関東では初お披露目となるDIAMOND 308TP。MLPダイヤ会主催のもと、 3月19日(木)、埼玉県熊谷市の関東ショールームにて行なわれました。

三菱の最新型枚葉両面印刷機、DIAMOND308 TP。関東サービスセンターでの内覧会では初披露ということで、たくさんのお客様にお越しいただきました。実機見学の前におこなわれた、プレゼンテーションとTP実機見学の内容を中心に、内覧会の模様をご報告したいと思います。

写真

相田部長のプレゼンテーションの様子。

まずは印刷機械技術開発グループ山本主務より、トレーニングスクールのご説明、続いて技術サービス部、相田部長よりトータルアライバルシステムのご説明をさせていただきました。

お客様がかかえておられる現場工場の問題点。その現状把握のために「サービス」という観点からフォローできることとはどういうことなのか。実際に印刷機に携わるオペレーターにアンケートを取る方法など、いわゆるコミュニケーションを円滑にする手法等の事例を取り上げ、お客様との積極的な質疑応答がおこなわれました。

続きまして、今回御覧頂く印刷実機のデモンストレーションのポイントを簡単にご説明申し上げました。薄紙、厚紙等の刷り物を印刷機1台でいかに高品質で仕上げ、生産性をアップさせるのか。サイマルチェンジャー(全色全自動版交換装置)に代表されるようなタンデムパーフェクターの汎用性という部分の魅力についてPRさせていただきました。

写真

弊社清より、実機の見所についてポイントをご説明させていただきました。

いよいよ実機見学です。

サイマルチェンジャーによる版交換作業、印刷の実運転ではお客様の注目が高まりました。

写真

実機見学風景

写真

色見台確認風景

その後、関東サービスセンター内の部品倉庫の見学をおこないました。 部品管理における、普段は見られない、いわゆる裏方の仕事風景を間近で見ていただきました。

写真

当日はたくさんのお客様にお越しいただきました。誠に有難うございました。

写真

紙・印刷機械事業部 高橋次長よりご挨拶頂きました。

機械としてはおなじみのタンデムパーフェクターですが、DIAMOND化された最新型両面機DIAMOND 308TPを見ていただけるということもあり、お客様から非常に高い関心が集まりました。

限られた時間の中でおこなわれた内覧会でしたが、より身近にDIAMOND TPを感じていただきたい。加えて、サービスの方向性等、昨今のお客様の状況を考え、メーカー共々一体となって歩いていこう、そういった思いのもと開催させていただき、盛況の内に無事終了いたしました。誠に有難うございました。

「アフターサービス」と三菱の印刷機でお客様の力になれることとは。今回のプレゼンテーションと実機見学で、お客様皆様のご理解を求めていただけるような内覧会であったと思っていただければ、幸いです。

今後もエム・エル・ピー株式会社は、皆様の有益なツールとなるような情報を発信し、またそれに付随する内覧会、展示会等を企画していきたいと考えております。どうぞご期待ください。

トピックス一覧へ戻る
^ このページの最上部へ戻る
Copyright © Mitsubishi Lithographic Press Co., Ltd All Rights Reserved.